Cure cancer

Cure cancer

40歳から特に気をつけなければならない大腸がん

がんは治る病気

日本人の死因で最も多い病気はがんなので、「がんは治らない」「がんになったら死ぬ」と思っている人は多いのではないのでしょうか。癌によっては治りにくいものはありますが、大腸がんは癌の中でも治りやすい部類に入ります。

大腸がんの怖さ

診察室

大腸がんになる日本人は多い

日本の大腸がんのり関数は年々増加していて、2012年には、男性は約8万人、女性は約6万人という結果になっています。男女共になりやすい病気ですが、特に40歳以降に大腸がんと診断される人が多いです。

早期発見が重要

大腸がん、早期発見・早期治療をすれば、高確率で完治する病気です。しかし早期の段階では、自覚症状がないため、発見が遅れて治療が間に合わないというケースが多いのです。そのため早期発見をするためにも、しっかりと定期検診を受けるようにしましょう。

多くの方が心配する副作用について

大腸がんの治療法は、内視鏡治療、外科手術、化学療法、放射線療法などがあります。治療をする上で、特に多くの方が心配になるのは、抗がん剤などによる副作用です。髪が抜けたり、体力が落ちたりなど様々な副作用がありますが、最近では副作用を軽減する方法もわかってきています。

[PR]

大腸がんに悩まない!
名医に頼ろう!