Cure cancer

Cure cancer

大腸がんの早期発見をするために疑うべき症状

大腸がんの症状

診察室

症状に気づきにくい

大腸がんを早期発見するためには、いち早く症状に気づくことが重要です。早期の段階では、自覚症状はほとんどありませんが、がんが大腸の壁の外側に向かって広がると症状が現れ始めます。どのような症状が現れるか見ていきましょう。

排便に見られる症状

主な症状は、排便の変化と、お腹に関する違和感です。排便の変化というのは、血便が出るようになったり、下痢と便秘を繰り返したりするなどがあります。他にも、肛門から出血をする下血や、便が細くなる、などの症状があります。

お腹に関する違和感

お腹に関する違和感というのは、いつもよりお腹が張っていると感じたり、お腹にしこりができたりなどの症状です。また、腸管の破裂や腹膜炎などによって、お腹が痛くなることもあります。

その他の症状

これらの症状の他にも、貧血や嘔吐、体重減少などの症状が現れることもあります。体重減少の理由は、がんが多くの栄養を消費するからです。そのため体重減少の症状が現れた時には、かなりがんが進行していることが考えられます。

勘違いに要注意

大腸がんの症状の中で、特に多くの人に出る症状が血便ですが血便が出た時には、痔だと勘違いする人がとても多いです。なるべく早期の段階で発見するためにも、血便が出た場合は、痔と思い込まずに病院で検査を受けるようにしましょう。

多くの人が気づかない

大腸がんの様々な症状を紹介してきましたが、このような症状が出ていても、大腸がんに気づくかない人はたくさんいます。実際に大腸がんを体験した人の声を聞いてみましょう。

大腸がん患者の声

完全に痔だと思っていました・・・

僕は元々痔持ちで、たまに血便が出ることがありました。だから血便が出ることが多くなっても、それほど気にしていなかったのですが、ある時病院で検査をしたら大腸がんと診断されました。かなり進行していたので、早めに大腸がんを疑っておけば良かったと後悔しています。

生理による腹痛だと思っていました

私は、生理の時には必ずお腹が痛くなるタイプなので、腹痛の日が続いてもそれほど気にすることはありませんでした。しかし検査をしてみると、その腹痛は生理によるものではなく、大腸がんだと知らされました。

40年間元気だった私が大腸がんに・・・

40年間大きな病気をすることなく、常に健康でいることが何よりも自慢でした。そんな私がある時、下痢と便秘を繰り返すようになりました。食べ物のせいと思っていたのですが、病院で詳しく調べてみると、大腸がんの症状だと言われ、ひどく落ち込みました。

細かい便が出てくるようになった

今まで便通に関することで悩みはなかったのですが、ある日、細かい便ばかりが出るようになりました。その時は何も思わなかったのですが、排便感があるようになり、不安になって病院に行きました。すると、医師から大腸がんと診断されました。

ラッキーと思っていたのに・・・

ダイエットをしていないのに体重がいきなり減少しました。私はぽっちゃりだったので、「ラッキー」としか思っていなかったのですが、後に大腸がんによる症状だとわかり大きなショックを受けました。

受診から治療までの流れ

問診

病院を受診したら、まずは診断の参考にするために体調や出ている症状などを伝えます。医師から色々なことを質問されるので、気づいたことをメモしておくと、整理して話しやすいです。

検査

腫瘍マーカーの検査や腹部レントゲン検査などの検査をして、大腸がんかどうか調べます。進行がんが既に疑われる場合は、すぐに大腸内視鏡検査を行なうこともあります。

治療法を決める

がんの進行度や身体の健康状態に合わせて、治療法を決めていきます。1人で悩むと苦しむだけなので、医師や家族、友達などと話し合うことが大切です。

治療

早期発見できた場合は、内視鏡治療によって切除を行ない、大きいがんの場合は手術によってがんと近くの腸管の切除を行ないます。手術で取り切れない場合は、抗がん剤による化学療法を行ないます。

経過観察

治療後は、がんの再発や体調の変化などを確認するため、しばらく通院をして様子を見ます。